読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京ちんこ倶楽部 〜哀しみのLast dance〜

生。社会。すべてが、ちんこ。

亡くなった彼女

彼女を殺してしまったのは
ぼくだ

ぼくが  彼女に  仕事を頼んだから
死んでしまった

真夜中の  オフィスで  1人  ひっそりと  彼女は

そして  月曜日の朝に  出社した  課長が  冷たくなった  彼女を  見た

葬式に  ぼくらが  出ることはなかった

彼女が  どんな人間だったのか  どのような土地で  どのような家庭に  育ったのか  ぼくらが  知ることはなかった

ただ  彼女が出た  大学の名前だけを  ぼくらは  知っていた