東京ちんも日記

生。社会。すべてが、てんこ。

頑張っても頑張っても仕事が増えるだけでどうしようもない。まさに「無理ゲー」ではないだろうか。

 もうまともな生活なんてできないだろう。

 今日、いきなり大きな仕事がふってきた。これまで受け持っていた仕事だけでも毎日少なくとも4時間近くは残業しているのに。

 仕事が、増える一方だが、給料は、比例しない。いやになる。

 だけど、転職がすぐにできるわけはないから、やらざるをえない。

 まさに、奴隷だ。

 しかも、仕事をがんばって、仮に給料が増えるというメリットがあるとしても、仕事量が減ることは、ないだろう。「仕事の報酬は仕事」という言葉があるが、実践経験をつんでくると、もっと仕事を頼まれやすくなるだろうし、さらに部下を管理する必要なども出てきたりすると、ますます仕事が増えるだろう。

 もう、金の亡者になって、ただひたすら仕事に人生を捧げることでしか、楽になれない気がする。もちろん、それだって体がぼろぼろになってきついのだろうか、精神的には、余計なことを考えなくなって、楽だろう。

 でもぼくは、そんな生活が、とても人間的だとは思えない。むしろ、間違った生き方だと感じる。

 だから、どうもぼくが、ぼくが思うまっとうな生活を送ることは、できないのではないか。もう、いわゆる「無理ゲー」だ。

 希望もなにも、あったものじゃない。