読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京ちんこ倶楽部 〜哀しみのLast dance〜

生。社会。すべてが、ちんこ。

東京ちんこ日記 7

 9時半ごろにわりと早めに会社を出たが、他の社員が誰も残っていなかった。どうして今日はみんなそれほど早く帰ることができたのだろうか。

 ところでぼくが入社したころは新人はみんな毎晩11時ごろまで平気で働いていたのに、今年の新入社員は7時ごろには帰っている。ぼくらの同期に働きすぎて入社数ヶ月で適応障害になってしまった社員がいるので、再発防止のために労働時間を制限しているとのことなのだが、正直に言ってしまえば今年の新人がうらやましくてならない。入社当時のぼくは、今とは比べものにならないくらい長時間労働に苦しみを感じていた。あの辛さを味わわずにすむとは。

 彼らの労働環境が改善されるのはいいことだが、同時に、ぼくやぼくらの同期が、入社したころに、どんなひどい扱いを受けていたのかということを思い出さずにはいられず、いい気持ちはしない。