読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京ちんこ倶楽部 〜哀しみのLast dance〜

生。社会。すべてが、ちんこ。

とても広い監獄みたいだ

 今日も疲れた。

 会社から帰って食事をしたら10時を超えていた。少し前まではそこからがんばって読書をしていたりしていたが今はそんな気力がない。昔は1時くらいまで起きていられたものだけど今はとてもじゃないがそんなに体力がもたない。

 人間らしい生活をするには毎日7時間くらいは眠りたいと思うけれど、そんなに寝ていたら本当に会社と布団との往復で毎日が終わってしまう。少しでもプライベートの時間を持とうと思ったら、無理をしてでも起きていなくてはならない。会社から帰ってきてから床につく前に、きついけどなんとかして活動するしかない。でもどうして自分の時間をもつために、命をけずるみたいにして睡眠時間を犠牲にしなければならないのか。なにかがおかしくはないか。

 しかし、そんなことを考えても仕方がない。ぼくぐらいの環境で働いている友達なんて、ざらにいる。まともな環境を探すのは難しいと思う。

 まるでどこまでも広がる監獄のような世界だ。