東京てんこ日記

生。社会。すべてが、てんこ。

仕事が多すぎるし、意味がないので、やるせない

仕事の量が、多すぎる。営業もそうだし、資料作成の依頼が多すぎる。その上、定時内では、後輩への仕事の指示や、相談などもあり、少しも、自分の仕事が、進まない。
本来の自分の仕事である営業を進めたいが、その時間が資料作成で潰れてしまう上に、大事な提案資料を作成している最中に、何度も他の仕事の依頼を出したり、相談を受けたりするので、とてもではないが、落ち着いて進めることができない。その上、取引先からの問い合わせも、頻繁に入る。
また、資料作成は、ひとつひとつの仕事を、少しもおろそかにすることができないので、とても負荷が大きい。取引先をはじめ、社外に提出する資料ばかりを担当しているが、たったひとつの誤字や、数字の誤りが、命取りになる。ひとつひとつの書類の作成と確認に、細心の注意を払わなければならない。小さな誤りにも苦情が入る可能性があり、そして、クレームにまで発展すると、場合によってはインターネット上で広がっていくことも想定されるので、たったひとつのミスが、会社全体の評判に影を落とすことになり、どうしても、神経を尖らせざるをえない。
この神経を尖らせるということが、どれほど困難で、精神を消耗されるものなのか、いやというほど、日々感じている。文章は、読んでいるぼくの頭の中で勝手に補正されるようで、誤った漢字変換だとか、担当者名の違いだとか、奇妙な表現などがあっても、気づくことが難しい。そのため、一度頭の中を白紙にして、初めて文章を読むときのようにして、読み直す必要があるが、潤沢に時間があるときであればともかく、そういった作成物が多数たまっていて、次々と締め切りに追われている中であるので、頭を切り替えるだけの小休止を挟むことが難しく、結局、極度に神経をすり減らし集中しながら、一言一句を追っていくしか対処法がない。そういった状況下で、後輩から、取引先から、あるいは、上司から、遠慮なく、相談や、問い合わせが入り、対処していかなければならない。
神経を一点に集中しているときにまったく別の問題への回答を求められるのは、いきなり頭部を殴られるようで、頭がぐらぐらしてしまう。グロッキーという状態に近くなる。実際、定時が終わるころには、ぼくの頭はふらふらで、どっと疲労を感じ、酩酊したかのようにぼんやりしてしまう。しかし、そこまで消耗しておきながら、自分の仕事が進んでいるわけでは、決してない。たいていは、営業以外の雑多な業務に追われていただけだから、夜になって初めて、自分の仕事に手をつけるのに近い。
結果として、残業が長引き、自分の時間がなくなり、プライベートや転職活動どころではなくなる。休日出勤も頻繁になる。過度な消耗が続く。そしてぼくをもっともがっかりさせるのは、今ぼくがもっとも時間をさいているこういった業務、社外向け資料の作成であるとか、チームメンバーの取りまとめだとは、特に、査定にかかわるというわけではことだ。昇給であるとか、賞与額の決定とか、そういったものとはまったく関係がない仕事を、定時内ではほとんどずっと続けているわけで、ぼく自身の金銭面のことを考えると、毎日ほとんど8時間を、ただボランティアに費やしていることになる。その上、残業代も、休日出勤の手当てもつかないのだから、これで、やるせなさを感じるなという方が、無茶である。