東京てんこ日記

生。社会。すべてが、てんこ。

センター街の、自由

ぼくは、ザ・ポップ・グループを、聞きながら、渋谷を歩いていた。

そこは、センター街だった。

ぼくは、マスクを、していた。

喧騒の中で、ぼくだけが、自由だった。

ぼくの耳は、ギターの弦が、空間を斬る音と、ベースとバスドラムが、空気を蹴り出す音しか、聞いてはいなかった。

ぼくの口は、白い布が、覆っていた。ぼくは、誰にも、なにも、話す必要は、なかった。

そこは、センター街で、街の、谷底だった。

丘の上から、たくさんの人たちが、流れてきた。

センター街は、夜だった。

カラオケ屋のネオンが、牛丼屋のネオンが、ピザ屋のネオンが、バーのネオンが、照らしていた、街と、人を。

誰もが、誰かと、話していた。

若い男達が、若い女達と、話していた。

日本人が、中国人と、黒人と、白人と、話していた。

ぼくだけが、一人。

ぼくだけが、自由だった。

ぼくの目だけが、自由に見ることができ、ぼくの耳だけが、純粋で、ぼくの心だけが、深く、沈んでいた。

ぼくは、ザ・ポップ・グループを、聞いていた。