読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京ちんこ倶楽部 〜哀しみのLast dance〜

生。社会。すべてが、ちんこ。

熱病に浮かされて東京の街をさまようぼく

ぼくは、池袋北口の喫茶店で、周りを中国人に囲まれて、萩原朔太郎の詩を、読んでいた。

ついさっき、サンシャイン通りの端のブックオフで買ってきた、萩原朔太郎の、詩集を、読んでいた。

その他、本は、いろいろ買った。ニーチェと、三島と、ルバイヤートと。

朔太郎の詩を、読み続けることは、できなかった。中国人たちは、とても大きな声で、話していた。

ぼくは、秋葉原で買ってきた、延長コードのパッケージを開けて、空になった箱を、くしゃくしゃにして、灰皿につめた。

それから、御茶ノ水で買ってきた、井上陽水の、バンド・スコアを、眺めたが、とくに得ることもなく、カバンにしまった。

いつものように、ものを買い込んだが、それらを読んだり、使ったりする時間はあるのかどうか、分からなかった。

いつものように、街を転々と歩いてきたが、それで、なにかが満たされたわけでは、なかった。

ぼくは、なにかを求めていたが、それがなにかは、分からなかった。

街を歩けば、それがなんだか分かるような気がしていたが、それは間違いのような気がした。

朝から、部屋を出て、東京の街を、転々としていたが、まるで、熱病に浮かされていたようだった。

ぼくは中国人に囲まれて、虚空を見つめて、煙草を吸っていた。