読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京ちんこ日記

生。社会。すべてが、ちんこ。

雲仙観光ホテル (東京ちんこ建築)

下記、ウィキペディアより転載。

 

建築概要

日本の在来建築にアルプス地方に見られるスイス山小屋風のデザイン(ハーフティンバー様式)を融合。地下及び1階はRC造で、骨材は丸石。2・3階は木造。外観は、柱や梁(はり)、斜材など木造骨組をそのまま外部に出すハーフティンバー技法と雲仙の溶岩石と杉やヒノキなどの丸太を組み合わせ、落ちついた雰囲気に仕上がっている。 内部は、床材に米松、手摺りはインドネシア産の硬木材・ジェルトンなどの建築資材を用い、各所に手斧(ちょうな)削りと呼ばれる日本の伝統的な技も見られる。ドアノブの位置は床からの高さ135cmと、明らかに日本人ではなく欧米人のサイズになっている。竹中工務店、設計施工の第一号となったホテル。設計は、早良俊夫。

 

f:id:tokyoxxxclub:20160821153443j:image

f:id:tokyoxxxclub:20160821153522j:image

f:id:tokyoxxxclub:20160821153620j:image

f:id:tokyoxxxclub:20160821154123j:image

f:id:tokyoxxxclub:20160821153539j:imagef:id:tokyoxxxclub:20160821153546j:image

f:id:tokyoxxxclub:20160821153701j:image

f:id:tokyoxxxclub:20160821153719j:image

f:id:tokyoxxxclub:20160821153731j:image

f:id:tokyoxxxclub:20160821153751j:image

f:id:tokyoxxxclub:20160821153806j:image

f:id:tokyoxxxclub:20160821153917j:image

f:id:tokyoxxxclub:20160821153925j:image

f:id:tokyoxxxclub:20160821153934j:image