東京ちんも日記

生。社会。すべてが、てんこ。

行かなければよかったのに日記 2017年の東大五月祭

東京大学の五月祭へ行ってきた。


お昼の前に本郷三丁目の駅に着いた。とんでもない人手と暑さだった。早くもうんざりした。腹がへっていたので、駅前の名曲喫茶にはいった。外は夏なのに、梅雨時の押入れみたいな感じがした。隣のテーブルにおじさんとおばさんが座っていた。すこしたって、その息子と嫁らしい二人連れがきた。またすこしたって、また新しい二人連れがきた。その後でさらにもう一組、新しい二人連れがきた。みんな兄弟で、パートナーを連れてきたみたいだった。みんな若かった。おじさんは、官僚らしかった。俺のひとつ年上のどこそこの政治家はうんぬん、みたいな話をした。みんな育ちがよさそうだった。ぼくはなんだかいやになった。

 

東大へ行った。キャンパス内はもっとひどい人手だった。実はぼくは昨日もきていたけど、見物の途中で帰ってしまっていた。それで、もっと見たいものがあると思って今日もきた。でも人の多さにうんざりしてしまった。お芝居をやっているらしかったが、開始時間までは一時間半ほどあった。ぼくは一人だったので、ぼくに居場所はないように思われた。キャンパスを出て、近くのカフェで時間をつぶした。


時間になったので芝居を観にいった。よくわからない芝居だった。若さだな、と思った。やることがなくなったので、東大をでた。


御茶ノ水の中古CD屋さんまで、暑い中を歩いていった。でも店は閉まっていた。午後二時くらいだった。ひどい暑さだった。がんばって秋葉原まで歩いた。ブックオフへ行った。でも何も買わずに店を出た。時間を無駄にしてしまった。疲れたのでカフェに入った。でもまわりがうるさかった。関西弁のおばさん二人組みとぶつぶつ独り言を言っているスーツのおじさんにはさまれてしまった。すぐに店を出た。もう一度ブックオフに寄った。でもやっぱりなにも買わなかった。


電車に乗って上野御徒町まで行った。夏の服がなかったので、買いたかった。ポロシャツを買った。近くにブックオフがあったので寄った。でもやっぱりなにも買わなかった。