読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京ちんこ倶楽部 〜哀しみのLast dance〜

生。社会。すべてが、ちんこ。

証券会社に入社するんです

新宿の  路地  ぼくは  カフェバーで  喧騒にまみれ  1人で  ビールを飲み  煙草を吸っていた

デーブル席もあったが  カウンターで  静かに  飲んでいた

ぼくの右手には  若い女が  左手には  若い男が  座っていて  携帯の画面を  見ていたが  その目が  なにか  別のものを求めていることは  明らかだった

左にかけていた男が  話しかけてきた

大学四年で  暇なんです  と  彼は言った

彼は  証券会社に  入社するのだと  言った

証券会社に  入社するのだと  言った

やがて  ぼくは  彼に別れを告げ  バーを出た

そして気づいた  バーのあった路地は  坂道であった

ぼくは  新しい喧騒を求めて  坂道の路地を  下っていった