東京ちんも日記

生。社会。すべてが、てんこ。

千里中央

高校生の男女が  寝そべり

なにかを  見つめていた

2人の女は  スカートからのぞく  白い足もあらわに

男は  やにさがり

頭を寄せ合って  なにかを見つめていた

ぼくは  屋上から  見下ろす

モノレールの駅を  低い山々を  くすんだマンションの群れを

仕事は  終わらない  明日も  明後日も

ニュータウンには  何千人が  何万人が  何十万人が  住んでいるのだろう

誰もが  働くことを  やめないのだ

神様は  僕らをみて  なにを思うだろう