東京ちんも日記

生。社会。すべてが、てんこ。

寝床

彼が  またひとつ  無感動に  年をとった日

後輩が  また1人  会社を去った

同僚の妻の出産が  また一日  近くなった

田舎の両親の  体力は  衰え

愛していた犬は  三ヶ月前に  死んだ

九時に  会社を出て

いつもの店で  晩飯をとろうとしたが

ふと  ラーメン屋に入った

初めて入る店だった

麺は  箸から滑り落ち  彼は  難儀した

それから  彼は  また寝床へ  帰っていった