読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京ちんこ倶楽部 〜哀しみのLast dance〜

生。社会。すべてが、ちんこ。

入信できなくて、申し訳ありません

神様に人生を捧げるように、仕事に生活のすべてを捧げる人がいる。そんな人たちが、うらやましい。ぼくも、かたちの上では、仕事のためにすべてを投げ出すことはできる。残業と休日出勤の時間を捻出するために、プライベートを捨てることができる。でも、内…

終わらせなければならない

始まりとともに 終わりを 予感するそんな人間に ぼくは なった希望の鼓動が聞こえると すぐさま 中絶するそんな人間に ぼくは なったでも 終わりを 始める ことは難しい続いてほしいわけでは 決して ないそれどころか 一刻も早く 飛び出したいそれでも 終わ…

みんな、いいひと

いい人たちばかり、ぼくの職場は、本当に、いい人たちばかりだ。同僚たちとは、笑いあい、上司らは、ぼくの将来のことを、真剣に、考えてくれている。ぼくが辞めそうになったときは、やさしく、声をかけてくれ、いつもよりも、ぼくのことを、見ていてくれた…

醜い、人間、ぼく

自分が、不幸だと、人の、不幸を聞くと、安心してしまう。直視したくない感情が、生まれている。猛烈な日差しにさらされて倒れそうな街のティッシュ配りが、喫茶店で涼んでいるカップルを見てどう思うだろうか。彼は、彼らを祝福できるだろうか。酷暑のコン…

疲れ果てた

耐えられなくなってきて、不安だけがつのる。毎日の残業にも、休日出勤にも、もう限界のようだ。悪い会社ではない。まったくもって、ましな方だ。でも、今の生活を続けることに、疲れてしまった。体を、壊すほどではない。でも、自分の時間が、もてない。プ…

静かに 消えてゆく 人がいる

静かに 消えてゆく 人がいる誰にも 訴えることなく声を 荒げることなく苦しみを つぶやくことなく笑顔のニュアンスを 変えるわけでもない消えてゆく時でさえ 静かな 人がいる淡々と 仕事をすることに 変わりなく毎晩の 妻との食事に 変わりなくテレビも見る…

概念たち

楽しく生きる 明日ただ存在する 今日忘れてしまった 昨日携帯電話 新しい「希望」「学習」 無益の象徴としての「食事」 生きるのを 忘れるための「友達」 永遠の隣人髪を切りたく なった明日のことは どうにも わかりません「能力」 過去の栄光 ぼくを 不幸…

まともな会社は あるのかな

さてと 会社を 変えたいけれど まともな会社は あるのかしら 転職サイトを 見ていても いくつも いくつも 見ていても 不動産 IT 電話回線 あやしい会社 ばかりだな 聞いたことある 名前の会社は ほとんど ひとつも 無いんだな それはいいとして まともな 会…

自由な存在に…

悲しい スカートの下夜の山手線よりも早くロックンロールよりも早く彼女の吐息よりも早く駆け抜けてゆきたいアンプリファイアから 流れ出す コードG街のネオンの またたきの 瞬間現実を超えて 幻よりも鮮明にここにいながら どこにいるのでもない電子よりも …

言いたいことが言えない、それなりに大事なことであっても

調子が悪く、病院へ行った。喉の調子が、おかしい。奥の方に、ずっとなにかがひっかかっているような気がする。そのもっと奥の方、食道にも、引きつるような感じがある。この不快感は、ストレスと関係しているような気がする。ノルマのプレッシャーが大きく…

逃げ場のない、牢獄のような社会だ

転職、もう仕事が耐えられそうになくなり、再度の、転職を、試みているが、どうにも、失望ばかりが、つのり、やりきれない。就職活動のときから、ずっと感じている、この社会で幸せに生きるのが、とても難しそうだという感覚、社会人がみな、ぼくと同じ人間…

サラリーマンはいやだ

毎日毎日毎日毎日朝起きて寝るまで働いていったいなんのための人生なのだろう。お金だろうか。名誉だろうか。そんなものなんだろうが、そんなものが、ぼくを幸せにしてくれるだろうか。多少はそうかもしれないが、それらを手に入れるために必要な時間の拘束…

社会人にはなれなかった(就職活動をしたときから、分かってはいた)

社会人生活を始めて、長い時間がたち、仕事に、だいぶ慣れてきたと思っていたが、本当は、全然、だめ。暗く広い太平洋を、一人で泳いで渡るみたいに、少しも休まるときがないし、そもそも、人間は、太平洋を、泳いで渡るべきでは、ないのだ。もうずっと、間…

ビジネスマンは豚だ

悲しみと、怒りに、打ち震えずには、いられない。なぜ、こんなに、働かなければ、ならないのだろう。初めて働き出したとき、19時に会社を出て、こんなに働いていては、きつくて、本を読んだり、人生について考えることが、全くできなくなるじゃないかと、心…

糞みたいなビジネスマン達

なんで生きているのかわからなくなるような虚無的な瞬間がある。それは、仕事ばかりの生活でふと一息ついた瞬間にはいつでも頭をもたげてくる感覚として、ぼくには、とてもなじみが深いものになった。 仕事の中で、ぼくが、心の底から喜びや面白みを感じるこ…

わからなくてつらい

つらいなぜだろうそれは会社が 悪いためかぼくが 悪いためかそれも わからないわからなくてなおさら つらい

労働、戦争、大学

売上ノルマを詰められるのがつらい。精神を病んでしまいそうだ。ただの労働、食い扶持を稼ぐためだけなのに、なぜ、心を壊しそうにならなければならないのだろう。 まるで戦争のようだと思う。労働は、戦争のように、とても多くの人々を傷つけ、時には殺して…

分かってはいるけれど、しんどい

分かってはいるけれど、しんどい。休日出勤も含めて、平日、毎日のように、少なくとも14時間程度働くということ、そして、ただ言われた仕事をこなすだけではなく、自分で判断し、企画を出し、社内で根回しし、資料を作成し、提案し、売上ノルマが達成できな…

開放されたい、開放されたい

仕事を終えて、道を歩いているとき、いつでも好きなときに、会社を辞めてやろうという考えが、ふと、頭の中に降りてきた。 ぼく自身を、売り上げ数字を追うためだけの、動物、もはや、人間とは呼べない存在におとしめてまで、毎日、起きてから、寝るまで、ほ…

仕事に要求される注意力のレベルが、高すぎて、つらい

仕事に要求される注意力のレベルが、高すぎて、つらい。社内で働いているだけでも、周りの社員に声をかける時には、気を使わなければならない。同僚が気の合う人間ばかりならばそう大きな問題はないのだろうけど、話しかけるのにさえ細心の注意が必要となる…

眠い とても眠い

眠いとても眠い疲れている仕事から帰って何かをする気力がない疲れているこんな生活がいつまで続くのか考えたくないでも考えずにはいられない後35年は働き続けなければならない今のままでもきついがこれからさらに辛くなる一方だ仕事のプレッシャーはどこま…

成長の神様

昔々、あるところに、3人の神様がいて、日々、1000人の怠惰な人間達を、働かせていました。3人の神様の名は、報酬の神、昇進の神、成長の神といいました。ある日、神様たちは、ただ、人間達を働かせるだけでは面白くないので、誰が一番多くの人間を働かせる…

リスクをとろうとすると体が死ぬだろう

仕事を辞めたいと、考えている。長時間労働と休日出勤が、常態化している。苦しい。年をとって、体力は急激に落ちていくのに、社内での立場は上がっていくので、仕事の量は増えるばかりだし、プレッシャーも強くなるばかりだ。どこまでひどくなるのか、見当…

しんどいとしか言いようがない。

しんどいとしか言いようがない。仕事が、まったく終わらない。休日出勤が続いている上に、連日、残業時間が、5時間に迫っている。夕食など、まともに食べられるものではない。ふらふらと会社を出て、深夜の23時頃、疲れた胃に、牛丼屋で、食べ物を流し込むく…

もっともっと働こうという決意

今日は日曜日だったので、できることなら一日のんびりとしたかったが、タスクがたまっていたので、昼過ぎ頃に、会社へ行った。ここ2ヶ月くらい、休日出勤が当たり前になっていた。よくあることだったが、先輩が先に来ていた。軽くあいさつをしてから、ぼくは…

ぼくは仕事の犬

ぼくは犬仕事に飼われた 犬仕事に エサをもらい仕事に 可愛がられ仕事に 愛されて仕事がなければ 生きてはいけない 犬ぼくは 仕事が 大好きで待てと言われれば いつまでも待つしどんなに撫でられても 逃げ出さないし行けと言われれば どこへでも 行くやれと…

真夜中の死

どうしようもない疲れと虚無感に包まれている。会社からの帰りに街を歩いていた。そのとき、ふと、ぼくが深夜に会社で倒れたら、そしてそのときぼくがオフィスに一人だったらと考えた。おそらくぼくは誰にも知られることなくこの世を去り、翌朝になって、最…

仕事を辞めてもいいはずなのに

春になり、新しく社会に出る人々の話題が耳に入るようになると、ぶらぶらと街を歩き回ったり、喫茶店で時間を潰したりしていた、学生時代を思い出してしまうようだ。やることがなかったし、とりたてて楽しいこともなかったので、多少なりとも無聊を慰めるた…

時給を計算してはいけない

時給を計算してはいけない。おそらく、最低賃金を下回ることになる。手取りの金額がそれほどひどくなくても、残業や休日出勤の時間が、あまりにも多すぎるのだ。友達の話を聞いていても、同じような状況の会社が多いようだ。残業代がまったく出なかったり、…

生命の危機が生じる領域での労働

会社の中での立場が、だんだんと上がってきた。これは、ぼくの能力が向上し、周りの同期から抜け出したいうわけではなく、同期も上司もどんどん会社を辞めていったため、いわば消去法で、今の地位まで押し上げられたのである。(もちろん、辞めていったのは…

彼女の死

昔から知っていた女の子が死んだ。もっとも、ぼくが東京に出てきてからは年に二度ほどしか顔を合わさなかった。数年前、田舎の市内に新しく巨大な橋がかかった。それは人間が歩くためのものではなく車両向けの有料道路で、山と山を結び、眼下には一級河川が…

生命の危機すら感じる

バンドサークルに入っていたころ、学園祭やらなにやらで設営準備と練習に追われていると、ふとしたときに、女の子が、泣いていることがあった。でも、悲しそうな表情ではなかった。本当に疲れてくると、なにも悲しくないのに、涙が出てくるのだと、彼女は説…

なんのために働くのか

なぜ 働くのかお金を えるためかお金は ほしいでも 体を 精神を 壊しては どうしようもないじゃないか体が 精神が 壊れそうなほど 働いているのは なぜかそんなに 働くのは なぜか仲間外れに されたくないからだ普通の マンション普通の 食事普通の 結婚普通…

お金がすべて 働いて 金をえて そのために 体を壊しても 構わない

金に憂き身をやつし起きてから寝るまでというものただひたすらに 働くばかり金の他に なにを得ようかいやそんなもの どこ探したってないのさやることがないから 働くのだろうそれとも 本気に 金がほしいからというのかいいや 御託は聞き飽きた思想的な怠惰を…

もういやだ

もういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういや…

もういやだ

もういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういや…

もういやだ

もういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういや…

もういやだ

もういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういや…

もういやだ

もういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういやだもういや…

死ぬこととは

なんのために 生きているのかなぜ 生きているのかなぜ 死なないのかなぜ 死なないで 生きていられるのか生きていると いえるのか生きているとは なんだ動物とは 違うのか 人間の 生はなぜ 死なないで いられるのかなぜ 死なないで いられたのかなぜ 死ぬのか…

疲れた

疲れた当たり前の生活を維持するのが こんなにも 難しいとは 思わなかった

昼と夜

サラリーマンなら毎日何時まででも働き続けることができるという前提のもとに、この社会は成り立っているのだろうとぼくは考えた。でなければ自分の仕事がこんなに多いはずがない。 またぼくの周囲で日常的に営まれてる経済的営為も、ぼくのようなサラリー…

なんというか…

本屋に行くたびに、読みたい本がありすぎて…かなしくなる…

社会の外についての空想

彼は日に14時間働き、休日であるはずの土曜日と日曜日の少なくともどちらかの曜日にも会社に出て事務仕事をやっつけていたが、これは30代半ばのいわゆる働き盛りの男としてはよくあることだった。もちろん月曜日から働き始めて次の月曜日まで休みが全くない…

銃に撃たれて死んだ

田中は 道を歩いているとき 銃に撃たれて死んだ 松本は 風呂に入っているとき 銃に撃たれて死んだ 佐藤は 買い物をしているとき 銃に撃たれて死んだ 小渕は 自転車に乗っているとき 銃に撃たれて死んだ 名村は 病院へ向かっているとき 銃に撃たれて死んだ 塩…

無が美しい

無であることは なんて 美しいことだろう何者でもないことは なんて 誇らしいことだろう見たまえ人々の 己を語るときの 醜い 豚のような顔を分かるだろう何者かであるために 人々が いかに奪い尽くし 飾り立て ものがたり 自分自身を 欺いているのかが無であ…

青春の終わり

三十数年生きてきて、自分の中でなにかが終わったと感じる瞬間は多々あったが、今日青春が終わったと、ふと街を歩いていて感じた。大学に入った20歳のころは東京に出てきたばかりということもあり、街で目にするあらゆるもの、そして街そのものが目新しく刺…

武蔵小杉のタワーマンション

夜、武蔵小杉のタワーマンションに泊めてもらった。渋谷から東横線で神奈川方面へ南下して多摩川を渡り、20分ほどかかった。駅を降りると何本ものタワーマンションが林立しており、その上、まだ工事中のものさえあった。ぼくが泊まったマンションは60階近く…

ぼくの心の Asshole

ぼくの心の Asshole君の好きにしていいよ汚いものが でてきますきれいは 汚い 汚いは きれいそれを わかってもらえれば君の心の Assholeぼくの好きにさせてくれ汚いものを 見たいんだきれいは 汚い 汚いは きれい君は 知っているかなぁ